日本は四季が豊かな国です。春もあり、夏もあり、秋もあり、冬もあります。

常に寒いという事はなく、常に暑いという事もありません。

そのため、寝具も季節に合わせて変える必要があります。

 

暑い時にはタオルケットで寝るだとか、寒い時には毛布を用意するだとか、

季節によって変える必要があります。

 

それによって季節からくる不快感を失くす事ができます。

 

季節

 

 

人によって違う季節による寝具の好み

 

 

四季による寝具は人の好みがでます。

 

例えば、夏でもクーラーをかけて毛布で寝たいという人も多いのではないでしょうか?

贅沢な方法ですが、それが快適であると思うのならばそうして睡眠を確保するのもいいでしょう。
また、暑がりで冬でも毛布はいらないという人もいるでしょう。

逆に寒がりで夏でも布団を何枚も使うという人もいます。

 

寝具で体温調節をするのは、日本人ならば当たり前のようにやっている事でしょう。

衣替えの時期に布団もそれに見合った形へと変えていきます。

これは一見すると手間ですが、気分を変えるという事で、非常に大切な事でもあります。

1年中同じ布団で生活する。

 

それも楽でありかもしれません。自分の好きな布団にずっといられるというメリットがあります。

そうした意味では季節が固定された国の人は楽なのかもしれません。

 

しかし、ずっと同じだと飽きがきます。人は直ぐに飽きてしまいます。

その飽きに耐えられる人はいいのですが、飽きに耐えられない人だとそれで精神を病んでしまい、

眠れなくなる原因にもなります。

 

季節によって寝具を変える意味

 

季節に合わせて寝具を変える。

 

それは一つのリフレッシュ手段になります。布団を干す機会も増えるため、一石二鳥となります。

また、季節を感じる事で、人生をより豊かに過ごす事ができます。

日本人は政治に無関心だといわれていますが、それは季節のせいもあるかもしれません。

自分の安全よりもまず今の気候の話が出てきます。それだけ心が豊かになっているという事でもあります。

 

季節に合わせて適切な寝具を用意するという事は、

それだけ安眠につながります。

 

暑くて寝苦しい。寒くて眠れない。

そういった事はエアコンの普及でだいぶなくなってきましたが、

それでもやはり最終的に体温調節をして安眠へと導くのは寝具です。

 

季節に合った寝具を選び、常に寝具を変化させていき、

よりよい睡眠へはいれるようにしてみてください。

そうすれば、より快適な生活を送る事ができるでしょう。