ここでは、ベッドと敷布団はどっちがおすすめなのか?という

点について書いていきたいと思います。

 

日本人は昔から敷布団を使っていました。

敷布団をずっと使ってきて固い床に固い布団を敷いてそこで寝るという事をしてきました。

しかし、近年になって欧米化が進むにつれて急速にベッドを使うようになってきています。

実際問題として、どちらが日本人に多く愛されているのでしょうか?

引っ越し部屋

 

ベッド 敷布団はどっち派が多いの?

 

寝具を選ぶ際に、どちらが自分に合うものであるのかという事は大切な事です。

統計的に見ればまだ敷布団の割合が高いです。

欧米化が進んでいるとはいえ、少子高齢化でまだまだ高齢者の方が数の多い社会です。

昔の人はやはり固い床で眠りたいという人が多いのですね。

 

若い人がベッドを使いたがるのは、単純に布団の管理が面倒だという事が挙げられます。

布団は畳んだり仕舞ったりして、ベッドのようにそのまま放置しておくという事はありません。

そうした手間を面倒に思う若者はベッドへとシフトチェンジしているのです。

ベッドはそのまま放置して置けるというメリットがあります。

ベッド 敷布団はどっちが眠れるの?

 

また、高い方が子供心に楽しいという気持ちもあるかもしれません。

寝具の最大のメリットは、当然の事ながら睡眠が取れるという事です。

しかし、疲れた時に寝具の中に入るなど、休息の意味もあります。

そうした場合、より休息の質が高くなる方法を選びます。

 

更には日本人の綺麗好きというのがどんどん薄れているという事もあります。

敷布団は床と間近に接する事になります。

その分、ベッドは床との距離があります。

そうする事で、床の汚れが気にならなくなります。

 

昔の日本人というのは皆が畳で畳を清潔に保つというのは当たり前の事でした。

ただ、今の時代、カーペットなどで生活する事が増え、

床を清潔に保たなくてもなんとか見えるようになりました。

カーペットというのは、それだけで埃などを目立たなくしてしまうのですね。

その結果、掃除を怠る事もしばしばあります。

 

そうした環境の中で昔よりも清潔さを保つという意識をなくしている若者も多くいるのです。

ただ、布団にもメリットはあります。

布団は軽くて運びやすいという事です。

それは一人暮らしをした人ならわかるでしょう。引っ越しの際、非常に楽です。

実家では今までベッドだったという人も、一人暮らしを機会に布団になるという人も少なくないはずです。

ベッド 敷布団は結局優れているのは?

 

敷布団もベッドもどちらもメリットがあります。

大事なのはその状況に応じて、自分に必要なものを選ぶという事です。

 

繰り返しになりますが、寝具を選ぶ際に一番重視するのは

どちらが自分がより心地よく眠れるか?という事です。

 

この点だけは忘れない様にしましょう。

 

寝具に関して二つの選択肢があるというのは、恵まれた環境なのかもしれません。