睡眠に合う寝具を見つけるという事は、自分に合う環境を作るという事でもあります。
例えば枕一つにしても人によって感覚が大きく異なります。

それでは、どの様に寝具は選んだらいいのでしょうか?

ここでは、寝具選びのポイントについて解説していきたいと思います。

 

ƒ寝具

 

 

枕も布団も絶対的な寝具は存在しない?

 

 

高い枕が好きという人もいますし、

低くてふわふわした枕が気持ちいいという人もいます。

 

高い枕が好きという人はそば粉などでできた頑丈なものを買ってみてください。

ただ、これは周りの布地が壊れると中身が飛び出て大変な目に遭うので、注意してください。

低い枕が好きだという人は、なるべく高級な枕を選びましょう。

産地の良い布地を使って、中に入っている羽毛などもこだわっているものは、それなりの値段がするはずです。

 

寝具を選ぶ時には自分に合うのが基本

 

また、ベッド派と床に布団を敷く派ともわかれるかと思います。

固い地面が駄目という人はベッドがいいでしょう。

また、寝相が悪くて転落してしまうなどの事情を持った人は

床敷布団の方がいいかもしれません。

また、固い地面の方が安心するという人もいるでしょう。

寝具を調整するというのは、自分に合う環境を作るという事なのです。

 

人に異性の好みがあるように、寝具にも好みがあります。
どんなものがいいのか。それは試してみるまで分かりません。

 

寝具選びで失敗したくないなら、まずは自分の体質を理解する事が重要です。

自分がどういう寝具によって安心をする事ができるのか。

まずはそれを知っておく事が重要です。

 

ふわふわしたものがいいのか。

それとも固いものがいいのか。

 

それだけでもはっきりさせておきましょう。
特例もあります。

 

例えば、悪夢を見てその寝相などのでベッドから落ちた事があるなどの人は、

骨折などの危険性があるため、床敷布団にした方がいいでしょう。

 

高齢者になると骨折がそのまま寝たきりになる可能性もあります。

また、不安が大きい人はふわふわしたものがいいかもしれません。

安心感を持たせる作りになっているからです。

 

猫背の人は低い枕だと背骨の関係で安心できないので、高い枕の方がいいでしょう。

 

寝具選びの大切さ

 

そうした個人の特性に合わせた寝具選びも重要です。

寝具というのはただ寝るだけのものではありません。

 

睡眠というのは、平均すると1日に8時間も一緒に共にするものです。

人は環境で大きく変わるといいます。やはり8時間も一緒の環境にいるわけですので、

そう簡単に考えてはいけません。

一緒にいるパートナーだと思って行動しなければいけません。

 

まずは自分の理想の形に睡眠環境を整える必要があります。

そうしなければ、いつまで経っても安眠を手にする事はできません。